(米国滞在者向け)カードマイルで日本とニューヨークを無料で3往復する方法

みなさん、クレジットカードは何を使用していますでしょうか。

私は、アメリカに来てから特にこだわりを持ってクレジットカードを持っていた訳ではありませんでした。

しかし、それでは損です!

アメリカにいる方は、マイルの溜まりやすいクレジットカードを使用しないと損なのです。

実際にクレジットカードを用いてどのくらいマイレージを貯めれるか、見ていきましょう。

どのくらいクレジットカードでマイルが貯まるのか

この1年で私は合計「15万マイル」をクレジットカードのサインアップボーナスで取得することができました。

15万マイルの内訳は以下の通りです。

1)SPG Starwood Preferred Guest 2.5万マイル

2)Chase サファイアリザーブ 5万マイル

3)Amex Platinum 7.5万マイル

15万マイルあればどこに行けるのか

15万マイルあれば、JAL、ANAのマイル計算に基づくと日本とニューヨークを3回往復できます。

これすごくないですか。

普通に航空券を買おうとすると、1往復あたり10万〜20万円の航空料金がかかってきます。

しかし、マイルを使って飛ぶとなるとこれが、無料になります。

(諸経費は払わないといけない場合もありますが、大変少額です。)

各カード、カード入会後3ヶ月期間以内に所定の金額を使用しないといけないというルールはありますが、

クリアできる範囲のルールですので、なんとなくクレジットカードを使っている人は、自分のクレジットカードを見直すチャンスです。

かくいう私も、もともと年会費も無料のBank of Americaのクレジットカードを何も考えず保有していました。

ではこの1年でどんなカードに入会したかご紹介いたします。

SPG Starwood Preferred Guest

New SPG Card Design

クレジットカードでマイルを貯めたい、ということで色々ネット上の記事を見ていると、SPGのカードが便利であるという記事が多く挙がっていました。

なぜ便利なのかというと、SPGのポイントは、多くの航空会社に移行することが可能だから、便利なのです。

例えば、私はJALが好きだから、その航空会社のマイルを貯めたいという場合、SPGのポイントはJALに移行できます。

しかし、アメリカンエクスプレス、AMEXのポイントはANAには移行できますが、JALには移行できません。

そういった意味合いでSPGのカードはとても便利なのです。

また毎年1泊、SPG系列(マリオットおよびヒルトン系)の宿泊が無料になるというのも特典として魅力的でした。

毎年年会費が$95かかってしまうものの、この宿泊でプラスに転じますので、入会しました。

また初年度の年会費は無料ですので、気に入らなかったら次年度よりダウングレードもしくは、キャンセルを行えば良いと思います。

Chaseサファイアリザーブ

Chase sapphire reserve 2e16d0ba fill 750x350
次に申込をしたのが、Chaseサファイアリザーブでした。

年会費が$450かかるカードです。

年会費がそんなにかかるのなら、入手しても意味ないのでは?という疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、毎年$300のトラベルクレジット及び4年に1回グローバルエントリー申込のための$100クレジットが付いてきます。

トラベルカテゴリーは、UberでもNYの地下鉄のチケットでもなんでもよく、日常的に使っていればすぐに消費してしまいます。

私は2ヶ月で使ってしまいました。笑

交通費ってばかにできないですね。

私は今年既にトラベルとグローバルエントリーの$400分のクレジットを使いましたので、実質的な年会費は$50です。

またこれに入会特典の5万ポイント、日本とアメリカの往復一回分のマイルがもらえるとするのであれば、圧倒的にメリットがあります。

またChaseサファイアリザーブは、マイルが貯めやすいのも特徴です。

レストランとトラベル関連にカードを使うと1ドルあたり3マイルたまります。

毎日の昼ごはんを買うデリでもポイント3倍(レストラン扱い)、トラベル(Uber、Lyft、飛行機、地下鉄)でもポイント3倍です。

毎日、交通費とご飯で40ドルを使う人なら、120マイルためることができます。

これを365日でかけると43,800マイルに相当します。結構貯まると思います。

普段の出費のマイルも合わせると、50,000マイルは貯まると思うので、1年で日本とアメリカは確実に往復できるようになりますね。

またプライオリティパスという、空港でラウンジが使える権利ももらえますので、十分にこのカードを持つ理由はあります。

更にVISAカードですので、全世界的にアメリカンエクスプレスよりも使いやすいです。

アメリカンエクスプレスは、VISAやMastercardに比べると、比較的使える箇所が少なくなります。

財布にVisaかMastercardのクレジットカードは1枚入れておくべきです。

アメリカンエクスプレス プラチナム

Platinum card

私が最近手に入れたカードはアメリカンエクスプレスのプラチナムカードになります。

名前だけで、もうかっこいい響きですよね・・・!
一般が入手できるアメリカンエクスプレスの中では最上位のランクのカードになります。

アメリカンエクスプレスのカードの中で、これ以上のランクのカードは、招待制のみのカードになります。

こちらの入会ボーナスは、75,000マイルでした。

普段は入会ボーナスは60,000マイルであることが多いのですが、あることをすれば、入会ボーナス75,000マイルで入会することが出来るのです。

それは、Google ChromeのIncognitoモードを使用し、”Amex Platinum 75,000″と検索を行うことです。

Google Chromeの右上の3つのポチがあるツブツブを押してもらい、そこからIncognitoモードを選びます。

そのIncognitoモードの中で、”Amex Platinum 75,000″と検索を行います。

すると、75,000マイルのリンクを貼っているページが出てきますので、そこから入会を行うと入会ボーナスが増えるというわけです。

どうやら普通の状態で検索すると、過去の検索履歴やクッキーの関係から75,000マイルが入会特典というのは出て来にくいようです。

ただこのアメリカンエクスプレスのプラチナム、年間費が高く$550もします。

ただし、割と簡単にこの年会費も取り返すことが出来ます

・エアラインのクレジットが$200
・Uberのクレジットが$200(毎月15ドル、12月のみ20ドル)
 ※なんとUber Eatsでも適用できます!
・Saks 5th Avenueのクレジットが$100(半年に50ドルづつ)

ということで、500ドルは確実に取り返せますので、年会費実質50ドルのカードです。

またプライオリティパスの他にDeltaのラウンジ、Amex独自のセンチュリオンラウンジも使用できるようになるので、かなりラウンジ好きには良いカードと言えます。

ダラスのセンチュリオンラウンジは、Spaのサービスもあるそうです。

Screen Shot 2019 03 24 at 11 05 47 AM

なんとまあ、ラグジュアリーな内容なのでしょうか・・・!

ダラスに住んでいる人が羨ましいです・・・!

割と飛行機に乗る機会が多いよ!という方は検討してみても良いのではないでしょうか。

私も毎年確実に日本と中国へ行くので、このカードを入手しました。

まとめ

アメリカには沢山のカード会社がありますが、昔の私のように入会ボーナスのマイルが無いようなクレジットカードを使っているのは大変勿体無いです。

ぜひ自分にあったカードを検討してみてください。

日本への帰国は是非マイルを使って帰るのがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ニューヨーク在住ブロガー。 #ニューヨーク、#米国株、ガジェットレビューしてます。 http://brand-new-york.com/ お問い合わせは、mihachan.nyc@gmail.comまで。 流行りのものが大好き。 アメリカ株投資、ガジェットオタク。カメラオタク。